効果的な話し方➀~PREP法~

効果的な話し方➀~PREP法~

こんにちは、中小企業診断士の岸本圭祐です。

今回は効果的な話し方について、具体的なノウハウをお伝えします。

このノウハウを意識して活用することで、非常に簡潔かつ伝わりやすい話し方になります。

今回ご紹介する方法は、「PREP法」です。

このPREPというのは、頭文字で「Point(結論)」、「Reason(理由)」、「Example(具体例)」、「Point(結論)」です。

この4つを意識して、この順番に話してみると相手に伝わりやすいです。

テーマに沿って、まずは簡単な1分間スピーチから練習すると良いでしょう。

実践練習として、何度も練習することをおすすめします。

Point結論「~です」、Reason理由「なぜならば」。

Example具体例「たとえば~」、で、Point結論「つまり~」

ということで、ポイントを2回言う、サンドイッチ法です。

これによって、非常に活き活きと、わかりやすく、そして具体例も交えて簡潔に相手に伝わります。

具体例として、眠い状態をPREP法を用いて表現してみます。

『私は早く寝たいです。

なぜなら、昨日3時間くらいしか寝ていないからです。

何をしてもウトウトするし、集中力に欠けてしまいます。

だから、私は早く寝たいです。』

上記文章の要点(主張)は、「早く寝たい」です。ここを起点に理由、具体例、結論の繰り返しと話を展開していきます。

文章を要素別に分類すると、

  • 1行目「早く寝たい」→結論
  • 2行目「なぜなら~」→理由
  • 3行目「何をしても~」→具体例
  • 4行目「だから~」→結論の繰り返し

となります。シンプルで分かりやすい文章になっていると思いませんか?

真ん中に理由や事例が入ることにより、なぜ眠いのかと眠いことによる弊害がはっきりと分かります。

こういう説明をされれば、誰だって「なるほど!じゃあ早く寝なさい」と言ってしまいますよね。

PREP法は、あくまで「文章構成」です。

です・ます調」、「だ・である調」、そしてちょっと砕けた表現方法でも使用することができます。

PREPという言葉だけ聞くと、ちょっと難しいような印象を受けます。

しかし、実際にはそう難しいことではありません。

すでに使っている人もいますし、無意識のうちに使用している人もいます。

もし、PREP法が完全に身についたら、クオリティの高いプレゼンで伝わり方がグンッとアップします。

本日は以上です。この内容が皆さまのお役に立てれば幸いです。

岸本が代表を務める→株式会社ケーズパートナーズ

岸本圭祐

㈱ケーズパートナーズ 代表取締役 中小企業の➀資金調達、➁経営計画作成・実行、➂スモールM&Aを支援している。

コメントを残す